南砺農業まつりでのショーでした。
しっかりとした舞台があるとうれしくなるのです。
h55vy[1].jpg

舞台から、客席までの距離が少し離れていたので、
主催者さまに無理をいって、客席の構成を直していただきました。

快く引き受けていただいたスタッフの皆様の、
お客様に楽しんでいただきたい!という思いがこちらにも伝わり、
なんだか燃えました☆

最近、1回のショーでイリュージョンの点数が2点以上ってのが当たり前になってきました。
昨年までは考えられなかった事なのです。

プロになったばかりの頃は、
おしゃべりにこだわって、音楽も登場曲だけだったし、
大きな演目もなく、アシスタントもいませんでした。

ショーを大きくする事に集中してきた2年間だったなぁと思います。

この路線を続けながらも、
もっともっと一つひとつを深堀していかないといけませんね~。

そして、一生かけて創り上げていきたくなりような作品をみつけたい!

あたらしいもの=すばらしい!
って公式は、必ずしも正しいとは言えないと思うのです。