「一事が万事」・・・一つのことを見れば、他のすべてのことが推測できるということ。 また、一つの小さなことに見られる傾向が、他のすべてのことに現れるということ。

 

今日で6月が終わります。あっという間、充実の半年でした☆

昨年の目標は『しゃべる』でした。マジックの魅力をアップさせるための間接的なアプローチでした。

そして今年の目標は『マジック馬鹿になる』。

マジックと、具体的に、真正面から向き合う日々です。特に、テーブルマジックに力を入れている1年でもあります。

結果、サロンやステージにも大きな影響を与えているのを実感しています。

また、新しいイリュージョンを二作導入しました。まだ演じてませんけどー☆

 

そんな中、10周年という節目を迎える来年の目標を『営業活動の1年』とイメージ。

10周年を迎えることができた、感謝の気持ちを込めてご挨拶まわり。

いい意味で気持ちをリセット!

そして、10年の経験と実績を武器に、新たなステージをつかむためのアクションを積極的に!

 

明日から配布を開始する、コンプレッサー通信7月号も、そんなコンプの思いが繁栄されてるなぁと思う。

 

という意識を持ったためか、不思議なことに富山県外でのお仕事が急激に増えてきた。活動の輪が広がることが、一番の喜びなのです♪

 

最近なぜか「一事が万事」という言葉が頭に頻繁に現れます。

「一事が万事」・・・一つのことを見れば、他のすべてのことが推測できるということ。 また、一つの小さなことに見られる傾向が、他のすべてのことに現れるということ。

 

逆にいうと、自分の行動や言葉がその考えに合致しているかどうかというを、常に意識していればいいってことですよね~!

 

コンプレッサー通信7月号より。