みなさんこんにちは~☆富山のマジシャン「コンプレッサー」です!

 

朝起きて、いつも通りパソコンの電源を入れて思いだしました。

2020年のオリンピック開催が決定する日でした!すぐにテレビをつけ、特番をチェック!あ~、こんなに緊張感と興奮を同時に味わったのは久しぶり(^^)

発表の瞬間感動したわぁ、明確な目標があるってのは大切なんですね☆

 

ハイテンションのままに、最近習慣になっている「奇術研究」読みタイム。一日2冊程度のペースで熟読してます。

いろんな発見があってすごく楽しー時間です☆コラム「なんとかならぬものか」が目にとまりました。

20130909_080514

約50年前の記事ですよ。許可もないけどあえて添付。

20130909_080530

コンプは別に、ギャラをあげろ!という話をしたいのではありません。

 

「観客」「主催者・イベンター」「芸人」この3つがすべて満足しないと舞台の成功はありえないというのが持論です。

 

5年前に脱サラしてマジシャンとしての生活をスタートさせたときに感じた「マジックの地位の低さ」。マジシャン個人の事じゃないですよ、業界全体の話。

 

客席やステージ、音響などの環境が全く整っていなかったり、楽屋も弁当もないような現場で「テキトーにやって」と言われた時のくやしさ。

 

主催者の期待がない中で観客が期待をするわけがない。それでも結果を出し続けないと次の仕事がもらえない。

 

昔は、要望をいう事はいけない事だと思っていましたが、そうじゃないんですね。ようやく、少しずつ恵まれた環境でのお仕事が増えてきました。

 

マジシャン一人ひとりが意識を高くもって、自分の職業にほこりを持って生きていかないと!

 

 

テレビが無い時代、またはあまり普及していない時代においては、規律の外で自由奔放に生きてるような芸人の生き様に惹かれて寄席通いをする人が多かったようですね。

今は時代がかわって、世の中のルールを無視すればあっという間にほされてしまうのね。

 

『いいかげんを装う』ような芸人の姿は現代にはあわないんだろうなぁと思ってます。

だから、ブログでは、ふつうの社会人として、パパとしていきる自分の姿を書き綴ってるんです。

 

 

仕事をしながら空いた時間に舞台にたつ芸人の中には「プロ」を語る人がいます。

プロとは何か?という質問に「ギャラをもらうかどうか」という答えをよく耳にしますがそんなのは違うと思います。

 

誰かに聞いた「覚悟」という言葉がしっくりきます。

しっかり結果を出していかないと生きて行けない、家族を養ていけないという覚悟が、プロとアマチュアの明確な違いだろうなぁと思います。

 

立川談志師匠曰くプロとは

「あえていうならプロにも影響を与え続ける人」

というところまではまだまだ遠い気がしますけど(^^)

 

 

舞台が終わったあとに100%の満足感を得る事は今だにありません。いつも反省ばかりで課題が山積み。

演じたい作品もまだまだたくさんあるし。目指すところはまだまだずっと先、一歩ずつ前進していきたい!

 

ほんのちょっとしたエピソードがきっかけでいろいろ書いちゃったけど、

 

じゃぁ自分自身だ何をしなきゃいけないか?

 

「挑戦を続け、芸と人間を磨きつづける」

 

という事につきるんだと思ってます。

 

頑張っていくのだ。

絶対に負けないのだ!

力をいれず、自然体で~。

 

 

 

今日は小矢部市での公演でした。

たくさんの人、ひと、ヒト☆大盛況!

ac

マッキーに久しぶりにお会いしました☆

20130908_125317

 

楽屋のコレ、おいしかった☆弁当も(^^)

20130908_104524

20130908_114527

 

本番までの空いた時間はトモさんとマジック研究タイム☆楽しい時間です(^^)

20130908_114304

舞台を終えて打ち合わせ。

来年1月まで計4回別企画での出演が決まりました。うれしー♪

 

 

会場から自宅まで13分という距離って事もあって帰宅後まだ時間がいっぱい☆

子どもたちとお散歩(^^)

20130908_162817

そして草刈。

いー汗かいたらビールがおいしかった。