芸歴10周年を記念したライブ開催日。開催を決めてから二ヶ月半。あっという間にこの日が来たなぁという感じ。

チケットはお陰様で、早々に完売いたしました。皆様にホント感謝です!

チケットの完売は、自主ライブを開催する上で、毎回最低条件の一つ。そんな、必死な実績もあってか、周囲の人たちからは「絶対に完売するよ」と毎回言われますが、ドキドキなのです(゚∀゚)。

そのための行動も含め、自主ライブは大変だけど、本当に意義があるなぁと思う。

今回のライブは、せっかく立川志の輔師匠にご出演いただけるということもあって、チケット販売だけを目的とせず、コンプを知らない人たちにも存在を伝えようと、新聞広告を入れてみました。結果、チケットの販売はもちろん、多くのオファーにつながっています。うれしいなぁ!。

約10年前に開催した人生初の自主ライブから今日まで、たくさんのライブを開催してきました。「マンスリーライブ」と題して毎月開催したこともありました。

ライブの開催は、自分ひとりではできません。当日の詳細な準備、受付など、いつもお願いしているスタッフさんたちと積み上げてきた経験が生きたなぁと思う。

課題だった音響、照明、舞台について、今回はプロにお願いをしました。安心感が違いますね。打ち合わせから本場まで、多くのことを学ばせていただきました。この経験は、今後に生きるなぁと思う。本当にお願いしてよかった!感謝です。

普段の営業では、アシスタントのともやんとの連携で、ほとんど打ち合わせがなくてもマジックショーが公演できる体制を整えてきました。だけど、専用のステージでは、演出を含めまだまだ可能性があって、次の10年で、そこを磨いていきたいなぁという感覚が芽生えました。

初の取り組みとして、マジック作品にタイトルをつけて、プログラムとして配布しました。

落語のように、一回の高座が、ど~んとカタマリで迫ってくる芸能と違い、マジックはどちらかというとぶつ切りバラバラ。コンプはそこが、マジックのウイークポイントだと思っているのですが、強みとなれば!という思いがあったのです。

「コレ気になる」「次は何だろう」「そういうことか!」などなど、集中力のメリハリが、期待感の持続、飽きさせない展開に役立てばと考えたのです。

結果、作品のコンセプトについて考えるいいきっかけにもなりました。今回演じていないすべての作品にも、タイトルをつけていきたい。

10周年を飾るべく、オープニングは良鳴さんにお願いしようと決めていました。出会いは古く、サラリーマン時代からのお付き合い。ご出演いただきありがとうございました!

FMとやま『シャンちゅーたいむ』を題して、フリートークの時間を。シンガーソングライターの島香織さんが花を添えてくれました。

観客として来ていただいたにもかかわらず、ステージに立ってほしいというコンプのお願いを、快く引き受けてくれたラジオの相方シマコさんありがとー!

立川志の輔師匠に、スペシャルゲストとして、ご出演いただきました。

師匠と、同じ時代を生き、偶然にも富山県に生まれたコンプさん。たくさんの軌跡が重なって、10周年という節目に、師匠にご出演いただけた喜びは言葉では表せません。

 

「このような会は富山のために多いほうがいい。結果、君のためにもなる」

この言葉が、ずっとコンプの胸に刺さっているのです。

 

そして、舞台を袖で拝見し、落語とマジックという芸能の違いはあるけれど、同じ環境、同じ空間で体感した志の輔師匠の高座、客席の空気。

やっぱりすごすぎる。

自分と比較するのは恐れ多いのですが、なんともいえない脱力感。

前向きに捉えれば、まだまだ伸びしろがあるぞ!という感じ。

プロマジシャンになって、始めて単独ライブを開催したのが約10年前。あの時も同じ6月だったなぁ。

あの時と比較すると、現在との違いは明確で、それが成長なんだろうけど、まだまだ、まだまだだなぁという感じ。

 

マジックがうまくいったとか、いかなかったとか、そういう単純なことではなくって、目指している理想と現実とのギャップにもがき苦しんでいるだけなのだ。

この感覚はどんなレベルに達してもきっと感じ続けるんだと思う。

そして、実は、その状況を、心から楽しんでいるのだ。

そこに、マジシャンとして生きている、喜びの元があるんだと思う!

終了後は居酒屋たかまさで、「芸歴10周年を肴に飲むパーティー」を、西田さんとおびちゃんが幹事となって、開催してくれました。

富山県内外から、約40名の皆さんにご参加いただき、三次会まで!

 

その場で、コップを合わせて、グイっと飲んで、雑談してるだけなのに、その時間を一緒に過ごしていただけるだけで、どれだけ励みになるか。どれだけ勇気づけられることか!

特別な会話なんていらないのね。すご~く充実した時間。お忙しい中、集まっていただいたみなさんお一人おひとりに、感謝しかありません。

 

孤独になりがちな地方を拠点に生きる芸人の世界で、本当に幸せ者だなぁと思う。

 

ブログを書いている今は、開催から一週間がたちました。頭ん中を整理してから書こうと思ってましたが、感じた事が多すぎて、まだまだまとまりそうにありません。

「とりあえず終わった」という感覚から、少しずつ、分析が始まっています。10年後、どんなコンプさんになっているんだろう。これからの自分に期待したい!

 

「皆さん、本当にありがとうございます!」

 

この言葉が、今一番『コンプの心の中にある思い』です!

二次会~!!

三次会~!!

【コンプテレビ】

【コンプラジオ】

http://comp-office.com/podcast/