パレブラン高志会館で開催された「マジックディナーショー」へ!

シェフ自慢のお料理を食べたあと、ステージ前に移動してコンプさんのステージショーをお楽しみいただく企画です!

マジックタイムは45分。

ステージ前に客席をご用意されているのはすごくうれしい!

この距離感なら、どんなマジックでも演じることができるのだ!!

コンプさんのマジックを楽しむには最高な環境ね~☆

マジックを生で観るのが初めてというお客様が半数以上!

どんどん拍手と歓声が大きくなっていく!笑い声も(笑)

お土産マジック&コンプステッカーもプレゼントしました~!

ご来場いただいたお客様、お世話になった皆さまに、心から感謝です!

 

来春のお仕事のお話しも!うれし~なぁ~!楽しんでいこー!!

そう、道のりを楽しむのだ。

 

以前、「道のりを楽しむ」っていうエッセイを書いたなぁ~。

良かったら読んでみて〜!

 

道のりを楽しむ

  • コンプレサー通信2017年8月号掲載

五歳の娘が自転車に乗れるようになった。

親として特別な喜びを感じる節目だなぁ。

自由に乗り回すお友達に刺激されたのか、突然練習をしたいと言い出して、乗れるようになったのだ。

以前、何度か教えようとしたときは、すぐに嫌になってやめていたのにね。

無理に教えようとするよりも、ヤル気にさせることのほうが大切なんだよなぁ。

 

コンプさんが初めて自転車に乗れた時の事を今でも覚ている。

父が、自転車の後ろを、倒れないように押さえながら走ってくれた。

その安心感に支えられてこいでいく。

ずっと後ろで父の声が聞こえて、すでに手を放していることに気がついた。

自分一人でこいでいたのだ。

水たまりで転んで泥まみれになっても母は笑顔だったなぁ。

洗濯、大変なのにね。

ついつい忘れてしまうけど、誰かの支えがあって今があるんだよな。

 

早朝、娘と一緒にサイクリングに行くのが日課になった。

近くの河川敷コースがちょうどいい感じ。

ヘルメットをかぶって、すごく楽しそう。

夢中になってペダルをこいでいる。

今の娘にとって、行先なんてどうでもよくって、ただただ自転車をこぎ続けることが楽しいのだ。

大人になったら忘れがちな感覚だなぁ。

目的ばかりを意識して、そこに向かう道のりを楽しむことを忘れちゃうのね。

 

ボンヤリ、そんなことを考えていたら、娘がずっと遠くに行ってしまった。

まだ幼いと思っていたのにね。

成長の喜びと、過ぎ去った時間が、少しだけ気持ちをアンバランスにさせた。

【エッセイ一覧へ戻る】

【コンプテレビ】

【コンプラジオ】

http://comp-office.com/podcast/