続けていたら・・・

  • コンプレサー通信2016年11月号掲載

町内のソフトボール大会に参加したときの話。

野球少年だったころのイメージでバッターボックスへ。

インコースにボールが飛んできた。

ひょいとよけたつもりがお腹に当たってデッドボール。

自分で思っている以上におなかがでてることに気づく。

バットを振ったらちゃんと当たった。

ボールがびゅーんと飛んでいく。

必死に走ると、前がはっきりみえない。

なんだか世界が揺れている。

顔の肉がゆれると視界に影響を与えるということに気がついた。

太ったなぁ。

体が資本のこの仕事、このままではいけないと、スイミングをはじめた。

小学生のころ、体育の授業で「泳げるだけ泳いでみよう」というのがあって、授業の終わりまで泳ぎ続けたことがあったっけ。

それくらい水泳には自信があった。

久しぶりに泳いでみてびっくり。

息が上がって全然ダメダメ。

イメージと現実のギャップ。

体を鈍らせてしまった時間を悔やむ。

ふと横をみたら、おじいちゃんがスイスイ泳いでる。

休憩のタイミングで、「すごいですね!」と話しかけてみた。

「毎日通ってるからねぇ」と笑顔でひと言。

シンプルだけど、説得力のある答えが胸に刺さった。

毎日楽しんで続けているだけなのね。

あれから二年。

週に三日ほど通っていたらどんどん泳げるようになった。

今は毎回千メートル泳いでます。

前世はカッパかもしれないと思うほど、水の中の居心地がよくなった。

この、コンプレッサー通信もコツコツ続けていきますよ。

今月で二年目を迎え、紙面を拡大しました。

4コマ漫画への挑戦もスタート。

いつか物語も書いてみたいなぁ。

続けることで広がっていく世界を楽しもう!

【エッセイ一覧へ戻る】

心を込めてお応えします!

あれこれ悩まず、まずはお問合せ下さい!

年間300回を超える出演実績の「コンプさん」が、あなたのご要望に心を込めてお応えします!

日本全国どこでも対応、急なご依頼も喜んで承ります!