思い込みは怖い

  • コンプレサー通信2017年1月号掲載

「病院のポイントカード、全部たまったら墓石プレゼント!」

というネタを次々繰り出し、十五年ほど前にお笑いコンテストで賞をいただきました。懐かしいなぁ。

まだマジックを趣味としてはじめる前の話。

マッサージ店のポイントカードをみながらそんなことを思い出す。

あの頃は肩こりとは無縁だったのに。

肩甲骨あたりの違和感がどうしても治まらず、病院にいったら

「年齢のせいですね」

と言われました。

四十を過ぎるといろいろなところに歪みがでてくるのね。

マッサージ中、くつろいでいたら耳もとでささやかれた。

「肩こりはマジックで治らないんですか?」

コンプさんだと気づいたのね、うれしいような恥ずかしいような。

次第に意識が遠のいていき、自分のいびきで飛び起きるという不始末。

あぁはずかしい。でも寝てしまうよりいいか。

以前、開始直後に熟睡、目が覚めた瞬間「終わりました」と、言われたときの残念すぎる記憶がよみがえる。

若く、か弱そうな女性が担当になったことがあったっけ。

まだ慣れていないご様子で、ちょうどいいところを絶妙によけてマッサージ。

どの世界も、プロになる前は素人なわけで、必ずその境界線というのがあるのね。

生まれて初めて手術をするお医者さんよりマシか!と、自分にいい聞かせる。

一生懸命な様子をみていたら、応援したくなってきた。

そうか、上手じゃなくても、お客さんの気持ちをつかむ事ができるのか。

プロ生活が、夏に九年目を迎えます。

経験や知識が凝り固まって歪んではいないだろうか。

自分でつくったマジックの常識に、束縛されてはいないだろうか。

傲慢ではなく、慎重に疑ってみようと思う。

『思い込み』ほど無意味で怖いものはない。

来年、十周年を迎える自分に期待して。

【エッセイ一覧へ戻る】

お気軽にお問合せ下さい!

あれこれ悩まず、まずはお問合せ下さい!

年間300回を超える出演実績の「コンプさん」が、あなたのご要望に心を込めてお応えします!

日本全国どこでも対応、急なご依頼も喜んで承ります!