環境が整ったライブへの思い

  • コンプレサー通信2017年9月号掲載

「コンプレッサーさんのマジックショーをお楽しみ下さい!」

司会者さんの紹介後、登場曲が屋外のイベント会場に響きわたる。

鳴り響く拍手の中、コンプさんが笑顔で登場。

「ビューン、ガシャーン」

突然の強烈なビル風にあおられ、マジック道具がひっくりかえった。

静まり返る客席をみて、コンプさんがひと言。

「スゴイでしょ、手を触れなくても倒せる私の念力!」

笑いでその場をしのぎ、強風でも影響のない演目に切り替えた。

ステージと客席の間にメイン通路がある舞台もあったなぁ。

みんなステージ前を横切っていくのだ。

「あらぁ、気が利くお客様。立ち止まったら座っているお客さんの邪魔になりますもんねぇ」

横切ろうとする人たちと絡んで、笑いに変えながらステージを展開。

強引に引き付けることができるマジックで乗り切った。

屋内でも安心はできない。

ホテルパーティーの余興で登場したら客席全員、泥酔状態。

「皆さん酔っぱらってますねぇ。マジシャンには好都合、タネが絶対ばれないし。うっしっし」

テンションが高めなマジックをチョイス、その場にハマってひと安心。

どのような環境でも感謝してお受けし、結果を残せるように磨き続けなきゃね。

それがプロの仕事なんじゃないかなぁと思う。

だけど、本当にやりたいことを忘れてはいけないのだ。

ラスベガスで体感した世界的マジシャンたちの舞台を思い出す。

ベストな環境、マジックを観るために訪れた観客。

その瞬間、そこにいた人だけが味わえる特別な時間!

コンプさんが求めているものがそこにある。

劇場・ホールでの長時間ライブへの思いは特別なのだ。

十月の手品祭りが楽しみだ! 

【エッセイ一覧へ戻る】

心を込めてお応えします!

あれこれ悩まず、まずはお問合せ下さい!

年間300回を超える出演実績の「コンプさん」が、あなたのご要望に心を込めてお応えします!

日本全国どこでも対応、急なご依頼も喜んで承ります!