その日は 必ずやってくる

  • vol.56/コンプレサー通信2020年6月号掲載 

ぶるるる。知らない番号から電話がかかってきた。

「はい、マジシャンのコンプレッサーです、と言いたくなるような日が続いていますが、現在もマジシャンのコンプレッサーです!」

コロナの影響を自虐ネタにして自己紹介すると、女性が笑いながら話し始めた。

「夏前にファミリーイベントを企画しているのですが、出演いただけませんでしょうか」

「そりゃもちろん、喜んでお受けしますが・・・」

久しぶりのオファー、うれしいけれどコロナのことが気になって少し戸惑うコンプさん。

「あらー、よかった、ありがとうございます。大人も子供も一緒に楽しめるパーティーにしたいのです」

女性の明るい声が続く。

「コンプさん、お酒は好きですか?」

「はい、大好きですよ」

「それはそれは。お席を用意しますので是非一緒に楽しんでください。ホテルもとっておきますね。」

なんだか夢を見ているようで、現実感がない。

数ヶ月前なら普通の会話なのに、胸がじんわり熱くなる。

女性が申し訳なさそうに続けた。

「コロナのことがあるので、決定はギリギリまで待っていただけませんか?」

承諾するコンプさん。

いつのまにか、キャンセルにも慣れてしまったなぁ。

「パプリカってご存知ですか?お野菜の話じゃなくって、ダンスのパプリカ、みんなで踊ることになっているの。私も練習して覚えなくっちゃ」

「それは楽しそうですね!」

「イベントの締めははみんなで勇気100%を歌うことになっているの。コンプさん、知ってますか?是非ご一緒に!」

そう言い残して電話が切れた。

大勢が集まって食事を楽しみ、歌ったり踊ったり。

ごく普通の光景がすごく懐かしいなと思う。

だけど、その日は必ずやってくるんだよね。

そう思わせてくれた電話に感謝せずにはいられなかった。

前の記事

頭の中は自由なのだ

次の記事

聞く力を磨く