なんの制約もなかったら?

  • vol.58/コンプレサー通信2020年8月号掲載  

「お金、時間、なんの制約もなかったら何したいですか?」

突然、とある女性に質問をされた。

とっさに出た答えは、

「ラスベガスに行って、マジックショー観て、ステーキ食べてワインを飲みたい」

と、いうものだった。

これって以前行った旅のことじゃないか。

咄嗟の答えは経験の範囲を超えないものなのかな。

本当に今したいことは?

と、もう一度自分に問いかけてみたら、

海辺の温泉宿に泊まって、刺身を食べながら冷酒を飲んでいる姿が頭に浮かんできた。

現実的すぎて苦笑い。

もっと壮大な夢を描いてもいいのにね。

先日開催した有料の生配信イベントのことが、ふと頭に浮かんだ。

前例の少ないイベントだから、決まりきった制約がない。

コンテンツ、機材、配信サービスなど、まだスタンダードが無いから迷いながらの開催だった。

課題がいっぱい見つかった。ほんと、得るものが多かった。

十年以上前、初めて自主ライブを開催したときに、某落語家師匠がつぶやいたお言葉を思い出す。

「やった奴にしかわからないんだよなぁ」

失敗してもいい、とにかくチャレンジを続けよう。

前の記事

聞く力を磨く

次の記事

ピカピカの革靴