富山、石川、福井、長野、岐阜など、全国どこでもマジシャンを派遣します。

人情とふれあうコンプレッサー見聞録

  • コンプレサー通信2016年4月号掲載

となみ衛星通信テレビで放送している『コンプレッサー見聞録』は今年で十一年目を迎えます。

打ち合わせなしでぶらぶら歩き、人情とふれあう見聞録。

毎回、どんな展開になるのかコンプもドキドキわくわくです。

十一年前、一本の電話からこの番組が動き出しました。

「新番組にレギュラー出演してほしい」

番組制作会社、ビジョン21さんからでした。

うれしいけれど、当時はまだサラリーマン。

さすがにまずいと思って、会社に相談をしたら許可されてビックリ。

その時の言葉を今でもはっきり覚えています。

「君は地域振興課として頑張ってくれ」

地域振興課という部署は無かったけれど、趣味でやっていたマジシャンとしての活動が、人脈を広げ、仕事に役立っていたのも事実でした。

初回の収録日。

何もわからないまま、福光道の駅に集合。

カメラの前に立たされたコンプさん。

「あそこのお客さんに話しかけて!」

ディレクターさんに突然言われ必死に話しかけた。

「こんにちは!いい天気ですね~、何買うんですか?」

気が付けば店員さんとお客さんにマジックを披露、心の壁がなくなったのか、会話が弾み、無事、収録を終えたのでした。

あれから十一年、いろんな所に行ったなぁ。

出会ったすべての人に、ドラマがあった。

笑いだけじゃない悲しいストーリーもあった。

マジシャンになっていなかったら、この番組も、出会いもなかったのか。

勝手に満足している場合じゃない。

恩返しができる芸人にならなくっちゃ。

【エッセイ一覧へ戻る】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社コンプオフィス All Rights Reserved.