富山、石川、福井、長野、岐阜など、全国どこでもマジシャンを派遣します。

人見知り克服のヒント

  • コンプレサー通信2016年6月号掲載

ここは射水市のホテル、第一イン新湊一階レストランリーブル。

毎週金曜のランチタイムにマジックのサービスを行っているのだ。

スタッフさんに呼ばれるのを、コーヒーを飲みながら待機している。

その昔、人見知りで悩んだ事があったなぁ。

人に会うとなんだかソワソワ。

お客様とふれあうテーブルマジックの直前は落ち着かなかったもんなぁ。

ところが、本番が始まると不安が消えてしまうから不思議なのね。

「コンプさん、お願いします!」

スタッフさんから声がかかったぞ。さぁ、テーブルマジックのスタートだ!

大人の女性が二人、デザートを食べている。

「こんにちは、マジシャンのコンプレッサーです。まずは予言をひとつ。」

女性たちの表情がキュッとしまる。

「私のマジックが終わるころには・・・なんと・・・そこにある、たべかけのアイスが、とけているでしょう。」

二人の表情がゆるむ。すかさず、ポケットから見えない何かを取り出し、テーブルの上におくジェスチャーを。

指で押さえながら女性にたずねる。

「これは何かわかりますか?」

女性はとまどった表情で答える。

「み、みえません」

今度はコンプさんが困った表情に。

「えー、本当に見えないんですか?これは・・・テーブルクロスですよ」

緊張がゆるんだのか、笑いが起こる。

テーブルクロスのうえにおかれた見えないモノを、突然コインに変化させると驚きの声が。

約5分間のテーブルマジックのスタートだ。

ステージショーとは違い、少人数で、目の前で楽しめるのがテーブルマジックの魅力。

短い時間でいかに、非日常を楽しんでいただけるかが腕のみせどころ。

最後のマジックを終え、ご挨拶を。

お客様の笑顔がうれしい。

自分のことを意識するよりも、『この人を楽しませたい!』と思う気持ちに、人見知り克服のヒントがあるのかもね。

【エッセイ一覧へ戻る】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社コンプオフィス All Rights Reserved.