富山、石川、福井、長野、岐阜など、全国どこでもマジシャンを派遣します。

全力の子供たち

  • コンプレサー通信2017年12月号掲載

富山市立鵜坂小学校に到着。

定期的にマジックショーを公演しているのです。

校長先生の、子供たちへの思いに心を打たれ、プロマジシャンとしての役割を感じて引き受け、四年目となりました。

校長先生にご挨拶。

校長室で雑談をしていると、大人になったなぁと実感するのね。

楽しみにしている給食タイム。

実はこっそりふりかけを持参しているのだ。

これぞ、大人の特権!

でもなぜか、ほんのり感じる罪悪感。

昔の教えが心にしみ込んでるんだなぁ。

今回は、低学年の百六十名がマジックショーのお客様。

自由参加のこの企画、今までで最も多い人数だ。

会場の音楽室に、みんな入れるのかな、と心配したけど問題なかった。

床に体育座りして、肩を寄せ合ったら随分コンパクトに。

みんな小さくってかわいいなぁ。

「目でよく見て、耳でしっかり聞いて、そして、頭で考えて!」

子供たちにマジックを楽しむポイントを伝えて公演開始。

みんな楽しんでくれたみたい。

反省もあるけどね。

キッズショーの時は、いつも、偉い落語家師匠の言葉を思い出す。

「大人に魅力がないから子供たちが言う事を聞かないんだ」

芸の事ではなく、単純に、大人と子供の関係について話した言葉なんだろうけど、深く考えずにはいられない。

道具をかたずけながら、ふとグラウンドに目をやった。

休み時間のようで、子供たちが走りまわっている。

すごいなぁ、全力だ、全力で走ってる。

すげぇ、すげぇ。

追いかけっこしているだけなのに、そんなに楽しいか?

無我夢中で遊ぶ子供たちを見ていたら、なんだかじ~んときた。

大人になったら「全力」というのが難しくなるね。

知識や経験がブレーキをかけるんだろうなぁ。

なんだか子供たちが、まぶしくみえた。

【エッセイ一覧へ戻る】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社コンプオフィス All Rights Reserved.