富山、石川、福井、長野、岐阜など、全国どこでもマジシャンを派遣します。

富山県産マジシャンのお味は?

  • コンプレサー通信2017年3月号掲載

お仕事で札幌へ。

富山でお世話になった方が札幌に転勤、今回のお仕事につながったのだ。

今度は南の方にも行きたいな。

誰か転勤してくれないかなぁと、不謹慎なことを考えながら機内でボンヤリ。

雪の心配もあって前日入り。

二泊三日で、出演時間が三十分間!と聞けばみんな笑うけどね。

ベトナムとシンガポールで公演したときは一週間の滞在で出番は三十分間だったもんね。

そのチャンスをいただくために僕たちの毎日があるんだな。

ステージショーを終え、夜の街へ繰り出した。

「サッポロ生ビールを二つ!」

ともやんが威勢よくオーダーすると、

「キリンしかありません」

と、答える店員さん。

ガビーン、札幌市内ならどこでもサッポロビールが飲めると思ってた。

マジックバーに行ってみた。

札幌の魅力的なプロマジシャンにお会いし、楽しい夜となりました。

そういえば以前、

「マジシャンやっています、東京で!」

と、意気揚々と語る男性がいたなぁ。

周囲から尊敬のまなざしを浴びていたっけ。

あとで知ったんだけど、週に二回ほど、アルバイトでマジックをやっているだけ。

東京という言葉にみんな弱いらしい。

知らない間に、漠然としたイメージに流されていることって多いのかもね。

ひとくくりにすると見えなくなる、細部にあるものを知りたいし、伝えていかなくっちゃ。

富山に帰ってきて、電車待ちで居酒屋へ。

寒ハギの刺身とキモを肴に地酒をぐいっと。

富山の味もイイネ!

【エッセイ一覧へ戻る】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社コンプオフィス All Rights Reserved.