富山、石川、福井、長野、岐阜など、全国どこでもマジシャンを派遣します。

馬子にも衣装、マジシャンの衣装

  • コンプレサー通信2017年5月号掲載

息子が中学生になった。

学ランを着ると、ちゃんと中学生に見えるからおもしろい。

人は、衣装でイメージがかわるのね。

サラリーマン時代、趣味でマジックを始めた頃、おもちゃ屋さんの仮装コーナーで、キラキラ光るスパンコールのベストを購入。

ビジネススーツのジャケットを脱いで、それを着るだけで芸人に見えた。

馬子にも衣装、どんな人間でも、身なりを整えればそれっぽく、立派に見えるのだ。

出張で東京へ。

用事を済ませ浅草にあるステージ衣装のお店へ。

趣味とはいえ、出演依頼が増え続け、本格的な衣装がほしくなったのだ。

迷うコンプさんに、上司が赤いスーツを選んでくれた。

赤いスーツで舞台に登場した時の、客席の反応の良さに驚いた。

みんな、ぱぁっと明るい表情になるから不思議だね。

それから数年、赤いスーツを定番にした。

イベントで着ぐるみを着たことがあった。

子どもたちはおおはしゃぎ。

抱きついてくる女性もいたなぁ。

中身がコンプさんだとは知らずにね。

悪い気はしないんだけど、なんだか考えさせられた。

赤い衣装、仮装、変装。

自分自身の魅力とは無関係な影響力への違和感。

それをきっかけに、特別な衣装を着なくても、普通のスーツで舞台にたっても、キラキラ輝ける芸人になるぞ!

と、心に誓ったのでした。

「人は見た目よりも中身だと思っている人が多い」

というアンケート結果を読む機会があった。

その理由も興味深い。

「見た目のよさだけでは、いずれ化けの皮がはがれるから」

「老いて、最後に残るのは人間性」

芸の世界にも当てはまるなぁ。

「芸は人」だもんね。

プロ生活九年目にして、ようやく普通のスーツで舞台にたちはじめた。

一見普通のおじさん、一見普通のマジシャンの今後の展開やいかに!

【エッセイ一覧へ戻る】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社コンプオフィス All Rights Reserved.