富山、石川、福井、長野、岐阜など、全国どこでもマジシャンを派遣します。

道のりを楽しむ

  • コンプレサー通信2017年8月号掲載

五歳の娘が自転車に乗れるようになった。

親として特別な喜びを感じる節目だなぁ。

自由に乗り回すお友達に刺激されたのか、突然練習をしたいと言い出して、乗れるようになったのだ。

以前、何度か教えようとしたときは、すぐに嫌になってやめていたのにね。

無理に教えようとするよりも、ヤル気にさせることのほうが大切なんだよなぁ。

 

コンプさんが初めて自転車に乗れた時の事を今でも覚ている。

父が、自転車の後ろを、倒れないように押さえながら走ってくれた。

その安心感に支えられてこいでいく。

ずっと後ろで父の声が聞こえて、すでに手を放していることに気がついた。

自分一人でこいでいたのだ。

水たまりで転んで泥まみれになっても母は笑顔だったなぁ。

洗濯、大変なのにね。

ついつい忘れてしまうけど、誰かの支えがあって今があるんだよな。

 

早朝、娘と一緒にサイクリングに行くのが日課になった。

近くの河川敷コースがちょうどいい感じ。

ヘルメットをかぶって、すごく楽しそう。

夢中になってペダルをこいでいる。

今の娘にとって、行先なんてどうでもよくって、ただただ自転車をこぎ続けることが楽しいのだ。

大人になったら忘れがちな感覚だなぁ。

目的ばかりを意識して、そこに向かう道のりを楽しむことを忘れちゃうのね。

 

ボンヤリ、そんなことを考えていたら、娘がずっと遠くに行ってしまった。

まだ幼いと思っていたのにね。

成長の喜びと、過ぎ去った時間が、少しだけ気持ちをアンバランスにさせた。

【エッセイ一覧へ戻る】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社コンプオフィス All Rights Reserved.