富山、石川、福井、長野、岐阜など、全国どこでもマジシャンを派遣します。

客観的に見てみると

  • コンプレサー通信2018年4月号掲載

収録したコンプテレビの編集を。

ここまで自分のマジックを何度も観るのは初めてかも。

イメージしていた動きと違うなぁ。

つっこみどころ満載、なおさなくっちゃ。

だけどこれが現実、このまま仕上げよう。

客観的に観るって大切ね。

 

自分自身を、自分の目で見てみたいけど無理だよなぁ。

鏡でみたら左右逆だし、写真やビデオも立体を平面に置き換えた薄っぺらなものだしね。

体の一部だけなら見れるけど。

二十年ほど前、自分が知っている自分と、人から見た自分との違いについて考えるきっかけがあった。

高岡文化ホールで開催された夏のお笑いコンテストに漫談で挑戦した時のこと。

まだマジックに出会う前だったかな。

プロデューサーは、誰でも知っているテレビ番組を数多く手がけた先生。

無事予選を通過、本選前日のネタ見せで、驚きのアドバイスが。

「君はもっとキレなさい。怒りながら展開しなさい」

本番当日、戸惑いながらも素直に受けとめてやってみた。

ネタを振って、オチで切れたら見事に大爆笑。

客席から波のように押し寄せてくる満席七百名の笑い声。

そして、大きな賞をいただいた。

あの頃のコンプさんは、そんなにキレるのが似合う人間だったのかな。

たしかに、仕事もプライベートも乱れていた時期だったからね。

そういうのが見抜かれたのかも。

今のコンプさんだったら、どんなアドバイスがもらえるのかな。

自分が知っている自分と、人から見た自分との違い。

その差を、どこまで縮めることができるのかな。

その先にあるのが究極の自然体なのかも。

 

あぁ、編集作業を進めないと!

画面に映るコンプさんを見つめる。

なんだか、父親に似てきたなぁ。

【エッセイ一覧へ戻る】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社コンプオフィス All Rights Reserved.