富山、石川、福井、長野、岐阜など、全国どこでもマジシャンを派遣します。

先生の涙

  • コンプレサー通信2018年5月号掲載

テーブルマジックのお仕事を終え、高速道路に飛び乗った。

ショーがうまくいったこともあって気分がいい。

一人きりの車内がカラオケボックス状態に。

大声で歌っていたら、突然、中学時代の担任、М先生のことを思い出した。

 

М先生は新任の女性教師。小柄で明るい先生だったなぁ。

クラス対抗合唱コンクールのようなイベントがあって、練習が始まった。先生の提案で、昼休みも練習をすることに。

「休み時間なのに、なんで練習しなくっちゃいけないの!」

と、軽い反発心からクラスメイトのI君を誘っておさぼりすることに。

格技場の畳の上で時間をつぶしたっけ。

クラスのみんなが練習している姿を思うともやもやしたなぁ。

コンプさんとI君はМ先生に呼び出された。小部屋に先生が一人で待っていた。

「どうして練習に来なかったの?」

「・・・休み時間は休みたい。友達と遊びたい。」

コンプさんは言い訳をした。うつむいたまま先生の次の言葉を待つ。

「ごめんね」

以外な言葉に驚いて、顔を上げた。先生の目から、すーっと涙がこぼれた。

「ごめんね。先生、合唱コンクールに向けて、勝手にクラスが一つになっていると思っていた。休み時間は、休みたいよね。ごめんね。」

行動をとがめられると思っていたのに、先生がボクに謝った。

芽生えた反抗心が空しかった。先生はその後、普段と変わらない様子で授業をしていた。

翌日から休み時間の練習はなくなった。コンクールに出場したのかどうか、その後のことは覚えていない。

今に思えば、初めて大人の人に、素直に謝られた瞬間だったんだと思う。

先生の涙が教えてくれたものは大きかった。

 

帰宅したら、中学生の息子が夕飯を食べていた。

子供と大人の狭間、いろんなことがあるんだろうな。

今を楽しめ!頑張れ!父ちゃんも負けねぇぞ。

【エッセイ一覧へ戻る】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社コンプオフィス All Rights Reserved.