富山、石川、福井、長野、岐阜など、全国どこでもマジシャンを派遣します。

今を楽しんでいたら

  • コンプレサー通信2018年9月号掲載

プロ野球BCリーグ富山GRNサンダーバーズ対石川ミリオンスターズ公式戦が開催される球場へ。

コンプさんが始球式を務めることになったのだ。

「消える魔球を期待しています!」

「ボールを鳩に変えてください!」

たくさんの方々に声をかけていただいた。

うれしいなぁ。

 

始球式前に、選手と軽くキャッチボールを。

野球少年だった頃を思い出す。

小学校ではピッチャーをやっていた。

そんなに強いチームではなかったけど楽しかったなぁ。

六年生の時、ヒジの痛みがおさまらず、診てもらったら「野球ヒジ」と診断された。

小学校を卒業するまで野球をしてはいけないと言われ、涙が出たっけ。

中学校で野球を再開、高校では迷ったあげく美術部に入部した。

絵を描くことが楽しい時だったなぁ。

そして、生徒会活動に関わるようになった。

忙しい野球部だったら、そんな展開にはなっていなかったと思う。

生徒会長も経験、行事を企画したり生徒会新聞をつくったりするのが楽しかった。

そんな経験もあって、百貨店の宣伝企画部というポジションに魅力を感じて就職、イベント企画や広告を任されるように。

お仕事を通じてマジシャンに出会い、マジックの楽しさが人生を大きく変えた。

そして、今のコンプさんがある。

 

人生はあみだくじのようだなぁと思う。

毎日繰り返されるさまざまな選択が、今の自分をつくっているんだもんね。

今後の人生も、何が起こるかわからない。

だからこそ、どんな「今」であっても、楽しめる人でありたいなと思う。

 

いよいよ始球式だ。

コンプさんを紹介するアナウンスが流れる中マウンドへ。

思いっきり投げよう、この瞬間を楽しもう!

振りかぶって投げたら、ドーンとストライク!

歓声が上がった。

マジシャンになって良かった!と思える出来事が、また一つ増えた。

【エッセイ一覧へ戻る】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社コンプオフィス All Rights Reserved.