世の中をやわらか~く

  • vol.65/コンプレサー通信2021年3月号掲載 

コロナ禍でイベントなどの出演機会が激減する中、気がつけば動画クリエイターという肩書が加わって多忙な日々。

初となるテレビ番組の制作を無事終えたと思ったら、その作品がきっかけとなって、次のお仕事が決まるという嬉しい展開に。

ほんと、人生はマジックみたいに不思議だなと思う。

そんなこともあって、デスクワークが増え肩こりが日に日にひどくなり指先にしびれを感じるまでに。

心配になって接骨院に行ったら、固くなった筋肉が神経を圧迫しておこる症状ですよと教えてくれた。

固くなった筋肉をやわかくすれば、神経が圧迫されなくなり、血流もよくなってしびれや痛みが改善されていくでしょうということだった。

何事もやわらかさは大切なんだよな、と考えていたら、

「かたいのをやわらかく」

という言葉が頭から離れなくなった。

なぜなら、最近何度か言われた言葉だったからだ。

テレビ番組を制作するときは「かたくなりそうな内容ですが、コンプさんらしくやわらかくつくってほしい」と言われたし、マジックショーやセミナーでの出演依頼をいただいたときは「かたい空気をやわらかくしてほしい」と言われたのだ。

ショー、講演、司会、動画制作、内容は違えど、

「かたいのをやわらかく」

というのはいつも共通して求められているなと思う。

大げさかもしれないけれど、それがコンプさんに与えられた使命なのかも。

世の中をやわらか~くするお仕事、なんか、いい感じ!

次の記事

すべてはマジックのために