雨の日の挑戦

  • コンプレサー通信2019年5月号掲載

山の中にある桜の名所でのマジックショーへ。

あいにくの空模様。

雨が降ったりやんだりの微妙な天気。

あぁ、困ったなぁ。

屋根のない野外のビッグステージ、道具を濡らすわけにはいかないからね。

「傘のイリュージョンはピッタリだね!」

アシスタントのともやんが言った。

小さなダンボール箱にともやんが入って傘を数十本刺すというお得意のイリュージョンだ。

ホームセンターで手軽に材料が揃う使い捨てマジックだから濡れても平気。

ちなみに、このマジックのタイトルは『お箱イリュージョン』。

十八番(おはこ)とかけてあるのです。

ショータイムは三十分間。

お箱イリュージョンは十分の演目。

残りの二十分を、濡れてもいい道具だけで埋めなきゃならない。

「よ~し、トランプとコインだけで挑戦してみよう」

ポケットの道具だけでこの大きなステージに立つことに決めたのだ。

まるで、武器を持たずに戦場にいくような気分。

心細いけどいい経験ができそうだ。

憧れている海外マジシャンのショーを思い浮かべる。

小さなスポンジボール二つだけで、大劇場を長時間沸かせ続ける圧巻のステージ。

どんな小さなマジックでも、大勢の観客を引き付ける表現力と話術。

コンプさんの目指しているスタイルだけど、ついつい大きな道具に頼ってしまいがちなのです。

登場曲が流れてステージへ。

コンプさんの挑戦が始まった。

「雨の中お集まりいただきありがとうございます、感謝の気持ちを込めて、とっておき・・・ではないマジックを」

あえて、こんな口上でスタート、脱力した笑いが起こる。

なんだかんだで無事終了、挑戦してみてよかった!

マジックショーに『不思議』は必要不可欠だ。

だけど、もっと大切なのは『楽しさ』だと思う。

不思議なだけのマジックは退屈だもんね。

マジックに頼りすぎないショーの経験を積み重ねることで、楽しさを創りだすスキルを高めることができるに違いない。

よし、実践あるのみだ!

【エッセイ一覧へ戻る】

コンプさんにおまかせ下さい!

あれこれ悩まず、まずはお問合せ下さい!

年間300回を超える出演実績の「コンプさん」が、あなたのご要望に心を込めてお応えします!

日本全国どこでも対応、急なご依頼も喜んで承ります!