頭の中は自由なのだ

  • vol.55/コンプレサー通信2020年5月号掲載 

ズボンのオシリが破れたスーツのジャケットを一緒に捨てなくてよかった。

Zoomなどでのオンライン会議が当たり前な世の中になり、上半身しか着替えないということがよくあるからね。

海外の真面目なニュースキャスターがズボンをはかずにパンツ姿で自宅出演、テレビに下半身が映って恥ずかしい思いをしたらしい。

気を付けないとね。

毎日のようにオンラインでの打ち合わせや飲み会のお誘いが。

ほんと便利だよなぁ。

これを活用して何かできないかと想像を膨らませていたところに、友人のフォトグラファー猿こと、山本さんから「一緒にライブ配信をやりませんか」とのお誘いが。

カメラマンという職業だけど「これからは動画の時代」と準備を怠らなかった山本さんは動画のお仕事が増え続けていて、次はライブ配信の経験を積みたい、と考えたらしい。

動き続けている山本さんからいつも刺激をうけているコンプさん、二つ返事で引き受け、リモートで数回打ち合わせをして、【コンプさんのHEYAKARAトークライブ30分】を、ユーチューブライブでスタートさせたのでした。

初回放送終了後、とある方から「Zoomを使って全国の子供たちと繋がるイベントを開催してみたい」と相談の連絡が。

動けば必ず何かにつながるから面白いね。

もちろん引き受け、挑戦してみることに。

ライブはもちろん、あらかじめ制作した動画や画像を駆使して楽しいイベントがつくれそう!

観覧、体験、交流、挑戦・・・さまざまなキーワードが頭の中に広がっていく。

そうなのだ、行動が制限されていても頭の中は自由なのだ。

この無限の空間をどう使うかは自分次第だもんね。

先日、Zoomでの講演会で聴いた言葉を思い出す。

「今いる場所にとどまらず、打つ手を打ち続けなさい」

よ~し、頭の中を飛びまわろう、思いはきっと現実になる!

前の記事

魔法使いを演じる

次の記事

その日は 必ずやってくる