コンプレッサー見聞録のロケ。
これだけ雪が多いと、春が恋しくなるなぁと思いなががら砺波市をぶらぶら。
春といえば花。
という単純な発想で花に関する話題はないかと思ったところにお花屋さん発見。
ん?
ふつうのお花屋さんではないぞ~。
「野の花工房杉下」って看板。
山野草にこだわったお店でした。
店主の杉下さんが、定年してからの夢を実現したお店だったんです☆
なんだかステキだね~。
普通の民家の壁にすっごい龍の壁が??
ちょうどお父さんが出てきたのでお話を聞いてみると左官屋さんでした。
漆喰細工って言うんですね。
昔の左官屋さんには必要だった技術だそうです。
が、現在は地面塗ったり玄関のわずかなスペースだけを仕上げたり。
お仕事が激減しているそうです。
家の壁もほとんどが出来合いのものを張り付けていくだけ。
いろいろ便利になっていく中で、
伝統ある技術なんかが失われていくのはちょっと切なかったりしますね。
いろんな道具がおかれたおうちを発見。
農機具や、大工道具のようなものがいっぱい。
すでに80歳を超えたご夫婦のお店。
もとは鍛冶屋。特に、農機具の制作や修理が中心の仕事だったそうな。
金属を扱う技術が優れていて、大きな建物までなんでも手がけたそうです。
寡黙で一生懸命なおじいちゃんと、
とにかく明るい、笑顔のステキなおばぁちゃん。
お二人が歩んできた人生に触れ、あったかい気持ちになりました。
心に残ったメッセージ二つ。
「誠実に」
「細く長く生きる」
今回も、ステキな出会いがありました。
2月のコンプレッサー見聞録、お楽しみに!
tst-6.jpg