娘とサイクリングへ!以前コンプ通信のエッセイに、娘が自転車に乗れるようになったときのことを書いたっけ。

世の中ゴールデンウイーク、10連休に突入してますね~。

昔からGWにはあんまりお仕事が入りにくいコンプさん。

そんな話を一番下の娘にすると、「やったー!」と大喜び(笑)

一緒にあそべるからね~☆

今日は一番下の娘とお兄ちゃんのバスケットボールの試合を観に行って、近所をサイクリング〜。

なるべく、通ったことのないような場所を走ってたら小さな公園を発見!

自転車に乗って、ウロウロするだけなのに楽しいなぁ~。

自転車といえば、以前コンプ通信のエッセイに、娘が自転車に乗れるようになったときのことを書いたっけ。

下に貼りつけるので、良かったら読んでみて~。

道のりを楽しむ

  • コンプレサー通信2017年8月号掲載

五歳の娘が自転車に乗れるようになった。

親として特別な喜びを感じる節目だなぁ。

自由に乗り回すお友達に刺激されたのか、突然練習をしたいと言い出して、乗れるようになったのだ。

以前、何度か教えようとしたときは、すぐに嫌になってやめていたのにね。

無理に教えようとするよりも、ヤル気にさせることのほうが大切なんだよなぁ。

コンプさんが初めて自転車に乗れた時の事を今でも覚ている。

父が、自転車の後ろを、倒れないように押さえながら走ってくれた。

その安心感に支えられてこいでいく。

ずっと後ろで父の声が聞こえて、すでに手を放していることに気がついた。

自分一人でこいでいたのだ。

水たまりで転んで泥まみれになっても母は笑顔だったなぁ。

洗濯、大変なのにね。

ついつい忘れてしまうけど、誰かの支えがあって今があるんだよな。

早朝、娘と一緒にサイクリングに行くのが日課になった。

近くの河川敷コースがちょうどいい感じ。

ヘルメットをかぶって、すごく楽しそう。

夢中になってペダルをこいでいる。

今の娘にとって、行先なんてどうでもよくって、ただただ自転車をこぎ続けることが楽しいのだ。

大人になったら忘れがちな感覚だなぁ。

目的ばかりを意識して、そこに向かう道のりを楽しむことを忘れちゃうのね。

ボンヤリ、そんなことを考えていたら、娘がずっと遠くに行ってしまった。

まだ幼いと思っていたのにね。

成長の喜びと、過ぎ去った時間が、少しだけ気持ちをアンバランスにさせた。

【エッセイ一覧へ】

フォローよろしく☆

心を込めてお応えします!

あれこれ悩まず、まずはお問合せ下さい!

年間300回を超える出演実績の「コンプさん」が、あなたのご要望に心を込めてお応えします!

日本全国どこでも対応、急なご依頼も喜んで承ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください