いつか、ひとつにつながっていく

  • vol.64/コンプレサー通信2021年2月号掲載 

ズームの勉強会に参加したら、人気アニメの主題歌を歌っていた方のお話を聞くことができた。

学生時代からあこがれていたメジャーデビュー、そしてつかんだ栄光。

「全国ツアーもやったし、毎日のように歌っていた。夢がかなってうれしかった。天下を取ろうと思っていた」

そんな思いとは裏腹に、二曲目が売れずに挫折、結局歌い続けることをあきらめ、地元に戻って就職。

歌いたい気持ちを忘れようと、必死に働く中で立ち直り、現在は起業して会社経営者としてご活躍の日々。

そして、ミュージシャンとしての活動再開に向け、動き始めたという。

音楽から離れている間に得た経験も、作詞や作曲のスパイスになっていくんだろうな。

そう思うと、現在のコンプさんの状況と、重ねずにはいられなかった。

コロナでイベントやパーティーの自粛が続く厳しい中、新しい生活に対応したイベントを模索する日々。

オンラインイベントや、動画配信のために揃えた機材やノウハウが、いつのまにか仕事に繋がってきた。

テレビ番組の制作依頼が舞い込んだときは、まさかの展開に驚いた。

台本作りから出演、撮影、編集まで、まとめて請け負うことになるなんてほんとビックリ!

元来、このような創作活動が好きだから楽しくってしょうがない。

「人生で起こることはすべて、いつかひとつにつながっていく」

と聞いたことがある。

未来のことなんて、誰にもわからないんだから、今をとことん楽しもう。

感謝の気持ちを忘れずにね。

前の記事

捨てる神あれば拾う神あり

次の記事

世の中をやわらか~く