みなさんこんにちは~☆

奇術研究を少しずつ、大切に読み進めています。
全部で86号まであるのでまだしばらく楽しめそう!
ただ、マジックのタネに集中した書籍でないところが楽しい☆
すでに亡くなられた方々の若々しい写真や、考え方にもふれる事ができます。
大好きな「ダーク大和」先生の記事を発見!
奇術研究 ダーク大和
偶然みた古い映像をきっかけに大ファンになりました。
コメディーの要素が強いけど、ちゃんと不思議なんです。
次々コネタを演じるというよりも、
一つひとつが作品として完成している!
そして何より、『誰にも真似ができないスタイル』!!
観客に奇術のネタが新しいとか古いとかは関係がない。
新しいものをおいかけても観客の心をつかまなければナンセンス。
古い奇術の新しい演出をいつも考えている。

一番大切な事は、
奇術の不思議さをいかに楽しく見せるかという事。
シャベリのおもしろさで奇術の不思議さを強調する。

他の奇術師と対抗するためにもシャベリを売りにする。
まさに、コンプが目指してるところ!
といいながら、プロになって3年間、芸をひたすら大きくする事に集中してきました。
それはそれで、すごく大切な事ではあるのですがね~。
なんというか、うまく言えないし、まだ輪郭すらみえてないけど、
目指すべきは、誰にも真似できない、
新しいマジックのジャンル!!!

積み上げてきたものをぶっ壊す!!!
って感じの勇気が必要ですね~。
おー怖い。